過払い金には時効がある

過払い金請求の時効について!

過払い金請求は、多くの人が行っているのですが、時効が存在します。その期間は、借金を完済してから十年間と言われています。その日を過ぎてしまうと、いくら過払い金があったとしても請求することができなくなるために注意しなければなりません。 過払い金は、キャッシングを利用すると返済期間が長いほど発生する恐れがあります。また、小額のキャッシングであっても過払い金が存在することがあるために、過去十年間のうちにキャッシングをした経験がある人は、必ず請求したほうが良いでしょう。 時効になってしまうと、損してしまうことになりますし、利息を払いすぎている状態で終わってしまうために、できる限り少額でも請求することが大事です。

返済から時間が経っているほど請求は難しい!

過払い金請求の時効は、返済から十年とされていますが、請求をするときは早めの方が良いです。というのも、十年前と現代の利子は変わっているということもありますし、明細書が残っていない限りどのくらいの期間キャッシングをしていたということがわかりませんから、注意しなければなりません。 また、仮に借りていた金融業者が倒産してしまっていた場合は、吸収合併などで会社そのものがなくなってしまっている場合には、いくら時効でなくても過払い金請求をすることができません。 そのために、過払い金請求するときには、自分がどこの金融機関でどのくらい借りていたか。また、長期間借りていた時の明細書を用意しなければなりません。時効以内であれば、請求できますが場合にもよるようです。