過払い金請求は自分でもできる?

自分で過払い金請求するにはどうしたら良いか

払いすぎた利息を取り戻せる過払い金請求。何年も借金をしていた場合返還額が100万円を超えることがあります。支払い過ぎていたのなら是非取り戻したいものですね。 自分で過払い金請求する場合にはまず過払い金がどのくらいあるか計算して金融会社に請求しなくてはいけません。そのために必要なのが取引履歴です。いついくら借りたのかや、返済日などが書かれている書類です。これは取引のあった金融会社に請求すれば手に入れられます。 次は取引履歴から過払い金がいくらあるかを計算します。今の世の中はとっても便利になっていて、計算ソフトはネットからダウンロードすることが出来るようになっています。 過払い金がいくらか計算できたら今度は金融会社に対してお金を返してもらうよう請求します。これで過払い金請求は終了です。 金融会社が素直に請求に応じればお金は返ってきますが、中には金額を減らして欲しいと言ってくる場合もあります。金額に納得できなければ裁判に持ち込む必要があります。

やっぱり自分でするのは面倒な場合には

忙しくて自分で交渉する時間がないという人や、少しでも早くお金を取り戻したい、金融会社と交渉するのはやはりためらいがあるという人は専門家に依頼しましょう。自分で返還請求を行うと時間がかかる上、金額が大きかったりすると金融会社はすんなり返してくれないことがあります。 過払い金請求を代わりにしてくれるのが弁護士や司法書士です。中には行政書士で過払い金請求をしてくれるところもあります。司法書士、行政書士の方がかかる費用は安くなりますが、裁判になるほど難しい事例や過払い金が140万円を超える場合は弁護士に頼んだほうが良いでしょう。 また借金を完済しておらず、過払い金請求してもそのお金で完済することが出来ない場合には、信用情報に傷がついて次からお金を借りにくくなったりローンが組みにくくなるので注意が必要です。