誰でも分かる!過払い金についての説明

なぜ過払い金が発生するのか

過払い金とは、払う必要はないが払い続けてしまった利息のことをいいます。 なぜ払う必要もない利息が発生したのか。それはいわゆるグレーゾーン金利という出資法と利息制限法の利息の差額間にあります。 利息制限法は上限利息を15%から20%と定め、これを超える場合には無効と規定しています。他方、出資法の上限利息は29.2%で、これを超える場合には、刑罰を課すと規定しています。利息の上限について2つの法律でバラバラに規定されていたのです。 この民事上は無効ですが刑事罰は問われない利息の差額間を、グレーゾーン金利と呼んでいます。高い利息で貸付を行いたい貸金業者は、この差額を上手く利用して貸付を行っていたのです。 とはいえ、利息制限法の上限利息を超える利息分は無効です。無効である以上払う必要がありません。したがって、この部分が払う必要のない利息となり、過払い金として取り戻すことができるのです。 なお、平成22年度の出資法の改正により、出資法の上限利息が29.2から20%に引下げられました。よってグレーゾーン金利は廃止されたことになります。

どうやって過払い金を取り戻せるのか

過払い金は、貸金業者に請求することで取り戻すことができます。ただ、自分で交渉を重ねて取り戻すのは至難の業です。法律知識に疎い素人が下手に交渉をしても、上手く丸め込まれるかもしれません。したがって、ここは交渉のプロフェッショナルである弁護士に依頼するのが賢明です。しかも、弁護士に依頼すれば、貸金業者は債務者へ直接取り立て行為ができなくなります。この点が、弁護士に依頼する最大の利点といえるでしょう。依頼を受けた弁護士は、貸金業者に取引履歴の開示を請求し、過払い金額を確定します。貸金業者と交渉を重ね、和解が成立すれば和解案に基づいて過払い金を回収することができます。 なお、過払い金返還請求は、司法書士に依頼することもできます。ただし、過払い金の額が140万円を超えるときには司法書士は裁判をすることができないので注意が必要です。